検索サイトからのアクセスを増やすには、検索エンジン最適化(SEO)が必要となる。

ノウハウはネット上にたくさんあるが、Google が公開している「検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイド」を参考にするのが確実だ。しかし、このガイドは一般的なすべてのサイトを対象としており、WordPress ブログでは改めて対策しなくてもよい部分が含まれている。

本記事では WordPress ブロガーが対応しておくべき点のみをピックアップして解説しているので、推奨項目を満たしているか確認してほしい。

WordPress ブログで優先して対応すべき 9 項目

SEO スターターガイドで、優先して取り組むべき項目は 9 個ある。それぞれ詳しく見ていこう。

  • わかりやすく有益な記事タイトルを付ける
  • 適切な見出しを付ける
  • カテゴリーを最適化する
  • シンプルでわかりやすいパーマリンク(URL)にする
  • 過度な広告量にならないよう注意する
  • リンクのテキストはわかりやすいものにする
  • 画像の alt を設定する
  • スマホで読みやすくする
  • ユーザーが求めているものを書く

わかりやすく有益な記事タイトルを付ける

検索ユーザーは、記事タイトルを見て「この記事を読むべきか」を判断する。メインキーワードを含めるのはもちろん、ユーザーを引きつけるものにしよう。

昔は 32 文字以内にするのがなかば常識となっていたが、現在はパソコンとスマホで表示される文字数が異なるし、検索以外の表示も考えなければならない。とくに上限は設定されていないものの、30 ~ 40 文字を目安に考えておけば大丈夫だ。

具体的なノウハウは以下の記事で解説している。

SEOを考えた読まれるブログ記事タイトルの付け方・決め方

適切な見出しを付ける

記事の見出しは、本でいうところの「章」と同じようなものだ。単なるアクセントや装飾として使うのではなく、タイトルと見出しだけで記事の内容を推測できる使い方が望ましい。

SEO スターターガイドにも記されているが、見出しが多すぎる記事をたまに見かける。どれが H2 でどれが H3 か執筆者はわかっていても、ユーザーに伝わらなければ意味がない。

どこからどこまでが一区切り(一つの章)なのか、視覚的にも意味的にもわかりやすいよう整えておこう。

ブログの過去記事をリライト・修正する18のポイント

カテゴリーを最適化する

SEO スターターガイドに記されている「ナビゲーションページ」は、WordPress ブログのカテゴリーページにあたる。ユーザーにとってわかりやすいカテゴリー名を付け、各記事を適切に分類しよう。

ブログにおいて各カテゴリーページは重要なページとなるから、ヘッダーメニューやサイドバーからきちんとリンクしておくのも大切だ。

昔はカテゴリーページを noindex にするブログもあったが、現在はとくに調整しなくてかまわない。カテゴリーにかぎらず、タグなども下手に noindex を設定すると検索流入が減る可能性がある。その意味と効果をきちんと理解した上で設定してほしい。

WordPress「カテゴリー」と「タグ」の違い&おすすめの使い分け方

シンプルでわかりやすいパーマリンク(URL)にする

パーマリンクが検索順位に大きく影響することはない。日本語を使ってもよいし、数字だけにしてもかまわない。

ただ、SEO スターターガイドや国内外の SEO ノウハウを見ると、シンプルかつ意味のある単語にするのが一応の正解と言える。全記事設定するのは手間だが、数秒で済むのできちんと設定しておこう。

大元となる WordPress のパーマリンク設定は、「投稿名」をおすすめする。日付やカテゴリー名を含めると、あとで再編集したときに URL が変わってしまうおそれがあるためだ。

URL の最後につけるスラッシュ(トレイリングスラッシュ)は、あってもなくてもかまわない。別の URL とみなされるため、内部リンクするときはスラッシュのありなしを統一しよう。

過度な広告量にならないよう注意する

広告をたくさん貼ればそれだけ収益も増える、と考えるかもしれない。これは完全に逆効果で、過度な広告は記事を読む邪魔になるし、ユーザーの印象も悪くなってしまう

Google AdSense 自動広告を使うと、最大でページ量に対して 30 % の広告が表示される。これにアフィリエイト広告なども追加すると邪魔にしかならないため、自動広告の量は少なくしておくほうがよい。

自分が訪問者の立場ならどう感じるか、で考えるのが一番だ。

ブログ初心者がGoogle AdSenseで稼ぐための10のアドバイス

リンクのテキストはわかりやすいものにする

リンクするさいは、「ここ」や「こちら」ではなく、リンク先がどんなページかわかる具体的なフレーズにしよう。つまり、キーワードを含めるのと同義だ。

NG 例リンク色の解説は こちら
OK 例主要サイトのテキストリンク色比較データはこちら

キーワードを意識しすぎて詰め込んでしまうと、単なるスパムとみなされてしまうかもしれない。内部リンクの場合は、リンク先の記事タイトルをそのまま使えばよい。カード型リンク(ブログカード)も同様である。

また、外部リンクに nofollow を設定するのは、広告リンクだけと覚えておいてかまわない。各 ASP から発行されたリンクをそのまま使えば、とくに意識しなくても大丈夫だ。
※ ASP から発行されたリンクを改変すると規約違反になることがあるので要注意

画像の alt を設定する

ブログ記事内に画像を挿入するさいは、必ず alt を設定しよう。

日本語では「代替テキスト」と呼ばれており、画像が何らかのトラブルで表示されないとき代わりに表示されるものだ。Google を含む検索エンジンは、この alt をもとに画像の内容を推測している。

alt は、それがどのような画像か具体的に日本語で設定しておけばよい。SEO に効果がありそうだからと、画像とまったく関係のないキーワードを詰め込んだり、過度に長いテキストを設定するのは NG。

WordPress 投稿画面 alt入力欄

スマホで読みやすくする

日本では検索シェアの 75 % 以上がスマホとなっている。ジャンルによるが、ブログに訪れるユーザーも 7 ~ 8 割はスマホユーザーだ。

記事を書くときはパソコンを使っているかもしれないが、必ずスマホでの表示も確認してほしい。

とくに、複雑な表を作成するとスマホではかなり見づらくなる。画像に文字入れしている場合も、拡大しなければ見えないようなら別の形で表現できないか検討したほうがよいだろう。スマホユーザーは小さな画面で読むのだから、できるだけシンプルにするのがおすすめ。

初心者ブロガーが絶対覚えておくべき読まれるブログデザインの大原則

ユーザーが求めているものを書く

検索上位に入るためには、高品質なコンテンツが欠かせない。SEO スターターガイドにも、次のように記されている。

人を引きつける有益なコンテンツを作成すれば、このガイドで取り上げている他のどの要因よりもウェブサイトに影響を与える可能性があります。

興味深く有益なサイトにする

あとは、高品質なコンテンツ・有益なコンテンツとは何か、という話になる。一言で表せば「読者が求めている情報が記されている満足度の高い記事」のことだ。

高品質のコンテンツを作成するには、時間、労力、専門知識、才能 / スキルのうち少なくとも 1 つが十分にあることが必要です。コンテンツが事実として正確で、記述が明確で、内容が包括的であることを確認してください。

テーマに応じた適切な量のコンテンツを提供する

検索ユーザーが求めている情報がそこになければ、どんな施策をしても(タイトルにキーワードを入れるなど)検索上位に入ることはない。検索順位は相対的に決まるものだから、競合サイトより質の高い情報を提供していこう。

高品質コンテンツとは?ブログ初心者が意識すべきポイント

余裕があれば対応しておきたい 5 項目

次にあげていく 5 項目は、余裕があれば対応しておくのでかまわない。

  • meta description を設定する
  • 有益な 404 ページを作成する
  • 運営者情報を明示する
  • SNS などで宣伝する
  • Search Console 登録と分析
  • アクセス解析ツールによる分析

meta description を設定する

メタディスクリプション(meta description)は、そのページの概要を検索エンジンに伝える役割がある。文字数に制限はないが、検索結果に表示されることを考えると 100 文字以内を目安にしておくのがよいだろう。

検索結果には必ず反映されるわけではなく、同じページでもキーワードによっては本文の一部が反映される。また、Google に任せたほうがクリック率が向上することもある。

概要を書くのが苦手であれば、「検索上位なのにクリック率が低い記事」や「主力となる記事」のみ meta description を設定するのでかまわない。

WordPress 本体に meta description 記入欄は用意されていないので、テーマまたはプラグインの機能を使おう。

有益な 404 ページを作成する

WordPress テーマのほとんどには、404 ページ(404.php)が用意されており、とくに自分で作成する必要はない。

ただ、「見つかりませんでした」だけの簡易的な表示になっていることもあるから、ユーザーの利便性を考えるなら自分で設定したほうがよいだろう。プラグインを使えばだれでも簡単に作れる。

WordPress 404 エラーページの作り方・カスタマイズ方法

404 ページが検索評価に悪影響を及ぼすと考えている人もいるが、とくに影響することはない。Search Console から当該ページを削除する必要もない。

運営者情報を明示する

運営者情報を掲載するなら、簡易的な情報を記事末尾やサイドバーなどに表示し、詳細はプロフィールページを作成して記載しておくのがおすすめだ。

自分が興味のある分野や、なぜその分野に詳しいのかを可能な範囲で書いておこう。専門的なジャンルに特化しているのであれば、自分の立場を客観的に証明できるとベスト。経歴や資格証明書の明示が望ましい。

雑記ブログであれば、ブログだけではなく運営者のファンになってもらうことも考えよう。どこのだれかわからない人より、親しみのある人のほうが共感してもらえる。「自分のことはだれも知らない」を前提に考えるとよい。

SNS などで宣伝する

検索以外の流入も増やすと、間接的に検索評価に良い影響を及ぼす可能性がある。

たとえば Twitter で少しバズるレベルでも Google Discover 掲載率が高くなるし、そこから自然な被リンク増につながっていく。

ランキングサイトへの登録など、自分で操作できる範囲の被リンクは検索評価にほぼ影響しない。「検索順位を上げるためだけの施策」は逆効果になるから注意しよう。

ドメインパワーとは?スコアを上げる方法と検索順位に悪影響を及ぼす施策例

Search Console 登録と分析

Search Console は、自分のブログが Google にどう認識されているかを把握し、そこから改善点を見つけるためのツールだ。登録しただけで検索順位が上がるわけではない。

なかなかインデックス登録されない、という悩みをよく聞くが、WordPress ブログで技術的なエラーが原因になっているケースは少ない。それでも、まれに noindex 設定などが間違っていることもあるので、各記事の状況を把握しておこう。

自分の狙ったキーワードで上位表示されているのかもチェックするとよいが、ブログを始めたばかりであれば記事を増やすことに専念したほうがよい。

ブログ記事が Google 検索のインデックスに登録されない原因と解決策

アクセス解析ツールによる分析

Search Console は、Google 検索の状況のみ調べられる。Yahoo! 検索や SNS からのアクセス状況は、アクセス解析ツールを見なければわからない。

無料で使えるツールとしては Google アナリティクスが一押しとなるが、ブログ運営の分析には少し高機能すぎて使いづらい側面もある。

Jetpack の統計情報などでも十分状況を把握できるから、アクセス数が少ないうちにいろいろ試してみてほしい。

改めて対応しなくてもよい 5 項目

以下の 5 項目は、改めて対応する必要はない。WordPress 本体またはテーマで対応済みになっていることがほとんどだ。

  • robots.txt でクロールをブロックする
  • 構造化データマークアップの追加
  • パンくずリストの使用
  • コメント欄のリンクに nofollow や ugc を追加する
  • モバイル対応ページの動的な配信や AMP 対応

いずれもプラグインの導入や独自のカスタマイズで調整できるが、正しい知識を身につけ、正しい方法で実行しないと逆効果になってしまう。

最悪の場合、検索にまったくヒットしないブログになってしまうから、くれぐれも気をつけてほしい。

技術的な面にかぎって言えば、「これをするだけで検索順位が上がる」というノウハウに即効性などない。だれでも思いつく簡単な施策で検索順位が上がるなら、みんな実行している。

SEO スターターガイド解説まとめ

SEO の根幹にあるのは、「検索ユーザーにも検索エンジンにもわかりやすい有益なコンテンツにしましょう」というものだ。突き詰めればもっとたくさんのノウハウがあるし、ときには検索エンジンをだますようなテクニックも使われる。

どのような手段を使うにせよ、高品質コンテンツがあることが大前提となる。

「記事を読む人に何をしてほしいか / どうなってほしいか」を考え、有益な情報を提供していこう。